髪の悩みが増える年齢は?自分では意外に気づきにくい頭皮の状態

髪の悩みが増える年齢は?自分では意外に気づきにくい頭皮の状態

髪の悩みは人それぞれで、頭皮トラブルにも原因・種類があるので、自分の髪の状態に適した対応をする必要があります。

若い頃は真っ直ぐだった髪が、跳ねやすくなったり、くせっ毛がひどくなったり、白髪が目立つようになって対策が必要な方もいます。

個人差があるとはいえ、だいたいどのくらい年齢から髪の悩みは増えていくのでしょうか?

 

髪の悩みは増える年齢は?

30歳後半くらいになると、髪の悩みを抱くようになる人が増加してきます。

それは頭皮の老化が始まるのも、お肌の老化が始まるのと同じぐらいの時期だからです。

肌のしわやたるみが目につくようになる頃には、白髪が目につくようになったり、抜け毛が多くなってきがちです。

またこの年代は、単純に体の変化だけでなく、ライフイベントの変化も多い時期。

結婚→出産を経て子育て真っ只中、仕事においても管理職になるなど、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積しやすくなります。

 

髪の悩みが深刻化する前に

なんとなく体調がよくない、肌の調子がいまいち…などはわかりやすくても、髪の変化に気づくのは後回しになってしまうかもしれません。

いつも利用している美容院がある人は、髪の状態が変わっていないか、聞いてみるといいでしょう。

行きつけの美容師であれば、あなたの髪質について把握しているので、的確なアドバイスをしれくれるはずです。

髪のお手入れにはどんなことが効果的なのか、美容師に聞いてみることど、わかることもあるものです。

美容師は、多くの人の髪に普段から触れていて、豊富な知識を持っているものです。

髪の悩みがあるなら、打ち明けることで打開策が見つかることもあります。

 

まとめ

髪はちょっとしたストレスでも、あっという間におおきな変化が出てしまう原因になるので、ひとりで悩まないようにしましょう。

精神的なストレスを貯め込まず、規則正しく健康にいい生活を意識して送ることが、体の健康にいいだけでなく、髪の成長にも効果があります。

ある程度以上に髪が減ってからではリカバリーが難しくなりますので、気になり始めたらすぐにでも対応をとることが大切です。

育毛・薄毛対策コラムカテゴリの最新記事