薄毛対策に栄養を!イソフラボン&カプサイシンで抜け毛ストップ!

薄毛対策に栄養を!イソフラボン&カプサイシンで抜け毛ストップ!

薄毛や抜け毛の原因の一つに、女性ホルモンの一種「エストロゲン」の減少があります。

エストロゲンは、髪や体型の女性らしさを保つのに欠かせない重要なホルモンですが、加齢や食生活の乱れなどで、残念ながら減ってしまいます。

エストロゲンを補うには、どのような栄養素を摂取するのが効果的なのでしょうか?

薄毛対策に効果的な栄養素:イソフラボン

残念ながら、加齢によるエストロゲンの減少を止めることはできません。

ただ、エストロゲンと似た働きをしてくれるイソフラボンを摂ることで、ホルモンバランスの乱れをサポートします。

大豆イソフラボンは、薄毛や抜け毛は女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをしていると言われています。

またイソフラボンは髪の元となるタンパク質を豊富に含んでいるのも、薄毛・抜け毛対策に有効です。

髪だけではなく、ホルモンバランスによる女性特有に不調にもアプローチしてくれますので、積極的に摂りたい成分の一つです。

イソフラボンは、豆乳や豆腐などの大豆製品に多く含まれています。

薄毛対策に効果的な栄養素:カプサイシン

カプサイシンには、エネルギー代謝を上げる働きがあります。

カプサイシンは唐辛子に含まれる成分ですね。

エネルギー代謝が活発になると、体温が上昇、血流・血行が促進されます。

薄毛・抜け毛の原因の一つに、頭皮の血流が悪く、髪を生やすのに十分な栄養が届いていない、ということがあります。

カプサイシンのチカラで血行をよくして頭皮に栄養を届けてあげましょう。

さらにカプサイシンには、「IGF-1」という成長因子を増加させる作用があります。

「IGF-1」に育毛効果が期待できるのは、身体の組織細胞の成長や修復をしてくれるから。

「IGF-1」も加齢とともに減ってしまうので、増やす努力が必要です。

薄毛対策にイソフラボン&カプサイシン一緒に摂取

イソフラボンとカプサイシンは同時に摂取することで、より相乗効果を発揮します。

「IGF-1」を増やすためには、

  • 胃の知覚神経を刺激すること
  • 成長ホルモンの分泌促進

が効果的です。

イソフラボンもカプサイシンも、胃の知覚神経を刺激する働きがある成分です。

豆腐入りキムチ鍋なんていいですね。

イソフラボンとカプサイシンが同時に摂取できます。

また成長ホルモンは睡眠中に増えるので、しっかり睡眠時間を確保しましょう。

まとめ

薄毛対策に、良質な栄養、バランスのとれた食事は欠かせません。

その中で、イソフラボンやカプサイシンの栄養も積極的に摂取して、抜け毛をストップしたいですね。

育毛・薄毛対策コラムカテゴリの最新記事